医療関係

専門学校に通う生徒数が最も多いとされる分野が、医療関係です。主に看護師や理学療法士など、医療従事者を育てる専門学校です。また最近では、「医療事務」の専門学校も増えてきています。

看護師看護専門学校は全日制で3年間通うのが一般的です。また、保健師や助産師を目指す場合は、別途で保健師・助産師養成所に通う必要があります。高校卒業後、看護の専門学校にすぐに進学する人ももちろんいますが、一度社会に出て働いた人、長年主婦業をこなしてきた人なども看護の専門学校には多くいます。そのため、元々准看護師の資格を持っている人が正看護師の資格を取るために入る、2年コースの看護専門学校も存在します。看護専門学校では、医療に関する講習はもちろん、医療処置や看護技術の実技演習の授業や、実際の病院で現場を見て学ぶ病院実習をカリキュラムに取り入れている看護専門学校が多くあります。

理学療法士は、リハビリやマッサージなどを通して運動機能の回復を図る専門家です。そんな理学療法士になるための専門学校では、4年間通って多くの演習や実習を通し、卒業後すぐに現場で即戦力となるような人材を育てています。また最近では、医療・福祉分野だけでなくスポーツ医学・スポーツトレーナーなどの分野でも活躍しているのです。

医療事務は、病院の受付や患者さんの医療費の計算などをする人です。医療事務をする上で避けては通れないレセプト作成の実習や、医療専門用語の暗記などを行います。高校卒業後すぐに医療事務の専門学校に進学する人もいれば、手に職をつけようと大人になってから通う人も多くいます。医療関係の職業でも挑戦しやすく、現在医療事務を目指す人が増えてきているのです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket